Hakata Riverain博多リバレイン

CONTACT

JAPANESE / ENGLISH

FACEBOOK

インフォメーションInformation

Monthly Report! topics & recommend! vol.37【抽出法で選ぶくつろぎのカフェタイムを!/リバレイン専門店街】

お知らせ

Monthly Report

春、抽出法で選ぶくつろぎのカフェタイムを!


全国的にもレベルが高く、「コーヒーの街」として認識されつつある福岡。博多リバレインにも秀逸のカフェや喫茶店が点在しています。コーヒーは豆の種類や焙煎度合いなどによって味わいが異なり、同じ焼き豆でも抽出法でさらに変化。今回は新店のフレンチプレスと、珍しい水出しコーヒーに注目してみました。

 

豆本来の持ち味を引き出す
フレンチプレス。

『FIKA COFFEE(フィーカ コーヒー)』は、今年1月21日にオープンしたばかりの新店。「FIKA」とはスウェーデン語で「仕事の手を休めて休憩するために集う」という意味を持ち、「コーヒーブレイク」のことを指します。コーヒー文化が根付いた北欧のように、「コーヒーを飲みながら心安らぐひと時を過ごしてほしい」という願いが店名に込められています。

FIKA_003 のコピー
カウンターもあり、1人でも入りやすい明るい雰囲気。

 

同店を営むのは山本恵利加さん、浩介さん姉弟。糸島市にある自家焙煎カフェ「kafuwa coffee(カフワ コーヒー)」の常連だった恵利加さんが味と雰囲気に惚れ込み、「kafuwa coffee」で働きながらカフェでの経験を積んだそうです。「コーヒーの味わいはもちろん、アットホームな空気感やお客さまとの距離感が心地よかったです。自分の店をオープンさせるにあたっての目標でした」と恵利加さん。

FIKA_014 のコピー
姉の山本恵利加さん(右)と弟の浩介さん(左)。

 

豆は浩介さんが温度や時間を調整しながら焙煎。メニューは酸味と苦味のバランスが取れた恵利加さん好みのFIKAブレンド E(中煎り)400円、スッキリした味わいで浩介さん好みのFIKAブレンド K(浅煎り)400円といった2種のブレンドを柱に据えています。そのほか、日替わりのコーヒーやシングルオリジン、妊娠中の方でも飲みやすいデカフェなども用意。フレンチプレスはフィルターで濾さないので、豆の油分まで余すことなく抽出できるのが特徴です。香りや風味といった豆の個性がダイレクトに伝わるため、豆の品質や焙煎度合いにも気を遣っています。

FIKA_012 のコピーFIKA_019 のコピー
店内には2台の焙煎機が鎮座(左)。フレンチプレスはキッチリ時間を計り、均一に力をかけながらゆっくりプレスするのがおいしく淹れるコツ(右)。

 

パスタもケーキも手作り。11時~14時に提供されるランチセットは、ハンバーグと日替わりパスタ。11時~20時に提供されるケーキセットは、ベイクドチーズケーキまたはガトーショコラから選べます。

FIKA_021 のコピーFIKA_027 のコピー
ランチセット900円(左)。ケーキセット700円(右)。

 

column
家でもオフィスでも手軽にコーヒーを。

FIKA_028 のコピーFIKA_030 のコピー
ドリップバッグ150円(左)。テイクアウトも可能(右)。

焼き豆は100g490円~で販売。ドリップバッグは30袋以上購入で10%OFF、100袋以上購入で20%OFFとなります。ギフトボックスもあるので、自宅用はもちろんプレゼント用にも最適です。

 

FIKA_001 のコピー

FIKA COFFEE
【住所】リバレインセンタービル1F
【電話番号】092-292-6601
【営業時間】9:00~20:00
【定休日】年末年始
※価格は全て税抜価格です。

 

 

香り高くまろやかな
水出しコーヒー。

コーヒーの抽出法には先述のフレンチプレスのほかに、ドリップやサイフォン、エスプレッソなどさまざまあります。こちら『山水水出珈琲』では糟屋郡篠栗町にある若杉山の天然地下水を使い、「ダッチコーヒー」とも呼ばれる水出しコーヒーを提供しています。

mizu_003 のコピー
リバレイン通りに面する落ち着いた店内。

 

通常、コーヒーは抽出する際に湯気と一緒に香りが立ちます。その香りも魅力ではあるのですが、気化して逃げてしまうのがもったいないところ。一滴ずつ時間をかけて抽出する水出しコーヒーは、熱を与えないことにより、旨味と香りを閉じ込めることができるのです。同一の豆で水の量を変えて抽出し、異なるコクやボディ感を独自にブレンドしています。

mizu_008 のコピーmizu_017 のコピー
専用の器具で半日かけてじっくり抽出。

 

アイスダッチ珈琲は口あたりがまろやかで雑味がなく、アフターテイストが際立った印象。コーヒー自体の味わいが力強いので、黒蜜30円や蜂蜜バニラフロート120円を追加するのもおすすめです。ダッチホット珈琲は、水出し抽出したコーヒーを専用のスチーマーで瞬時に温めています。

mizu_025 のコピーmizu_024 のコピー
アイスダッチ珈琲430円(左)。ダッチホット珈琲430円(右)。

 

column
コーヒー以外も人気。

mizu_019 のコピー
スムージー430円。

水出しコーヒーのほか、スムージーはグリーン(青梗菜・小松菜・バナナ・豆乳)、トマト(トマト・セロリ・大葉・ブルーベリー)、かぼちゃ(カボチャ・バナナ・ジャージー牛乳)の3種があり、近隣で働く女性から人気。また、日本で採取される水はほとんどが軟水ですが、岩盤が多い若杉山の天然地下水は中硬水で渋みが抑えられるため、桜の和紅茶や嬉野アールグレイなどの紅茶もメニューにあります。

 

 

 

mizu_001 のコピー

山水水出珈琲
【住所】リバレインセンタービル1F
【電話番号】092-282-0101
【営業時間】9:00~19:00
【定休日】不定

 

いかがでしたか?
豆の産地や種類で選ぶのではなく、抽出法で選ぶ2店のコーヒー。フレンチプレスも水出しコーヒーも、それぞれに特徴のある味わいが魅力です。奥深いコーヒーの世界に踏み込んで、お気に入りの一杯を見つけてください。