Hakata Riverain博多リバレイン

CONTACT

JAPANESE / ENGLISH

FACEBOOK

インフォメーションInformation

Monthly Report! topics & recommend! vol.51【気になる専門店で掘り出し物を発掘!「うめたに」「Està Loco」/リバレイン専門店街】

お知らせ

Monthly Report

街を歩けば発見の連続!
意外性も魅力の専門店


新年度がスタートして1か月。この春、生活環境が変わった人もいれば、そろそろ「何か新しいことを始めたいな」とウキウキしている人もいることでしょう。まさに変化と発見にぴったりの季節ですよね。とはいえ、特別なことをしなくたって変化は楽しめます。例えば、いつもと少し違う道を通ってみたり、行ったことのない店を訪ねてみたり。それだけでも、普通の生活がちょっと新鮮に感じられるというもの。

そこで今回は、陽気に誘われるがまま博多リバレイン専門店街で前から気になっていたショップを散策! そこで出逢った、思いもかけぬ素敵なアイテムをご紹介します!

 

女ゴコロをくすぐる
伝統+現代のコラボレーション

仏具店って、普段なかなか足を踏み入れることがないですよね。でも、ガラス越しに見えたかわいいお香が気になって立ち寄ってみたのが、この「うめたに」。敷居が高いかも…と少し緊張気味に中に入ると、スタッフの方の明るい笑顔に出迎えられ、ホッとひと安心です。

「うめたに」は、この春まで「梅谷仏具店」という名前で下川端町に本店を構えていた仏壇・仏具の専門店。その本店が周船寺に移転するにあたり、この博多リバレイン専門店街に支店をオープンしたのだとか。店内を見渡すと、お仏壇や念珠はもちろんですが、お香の品揃えが想像以上にすごい!

_53V6766_53V6781
お線香のほか、練香、匂い袋などなど、デザインも素敵なものが多くて目移りします

新感覚・新発想!
不思議なカタチのお香を発見

その中に、なんとも不思議なアイテムを発見。つい“ガン見”の私に、スタッフの野中さんが声をかけてくれました。「面白いでしょう。これ紐状のお香なんですよ」。聞けば、専用の不燃性マットに紐を乗せ、火をつけて香りを楽しむのだそう。ストッパーがついていて紐を好きな長さに調整できるから、無駄なく使えるのもポイントです。しかも、伝統的な和の香りのほか、ミラクルフローラル、レディシトラスといったモダンな香りなど9種類も揃っていて、ルームフレグランスとしても活躍しそう!

_53V6723
とっても気さくで話しやすい野中さん
_53V6719
紐状のお香「美香」(1080円)。福岡でも取り扱っているのはおそらくこの店だけだとか
_53V6737
和のパッケージがかわいいお香「和遊」(1200円)。7種類あり、ギフトにもおすすめ

 

オシャレと有益!?
一石二鳥の機能アイテム

発見はまだまだ続きます。「夏場はお花が腐りやすいので、代わりにこれをお仏壇に置かれるのもいいですよ」と野中さんが紹介してくれたのは、今話題のハーバリウムとライトのセット。なるほど、お花や植物をオイルにつけて保存したハーバリウムなら、長持ちするし、なによりキレイです。もちろんインテリアとして飾っても、抜群にオシャレ!

隣には、和紙の中でも薄い春雨紙を使った提灯型のライトもありました。こちらも元々は灯篭用ですが、柔らかく優しい光は部屋の間接照明によさそうです。どちらもコードのない電池式なので、場所を取らないのも嬉しいですよね。

_53V6750
(手前)「ハーバリウム」(5400円)、下に置くライトは別売り(1296)。こちらの桜は春バージョンで、季節ごとに中の花が変わるそう。(奥)「結灯(きっとう)」(4212円)。無地以外に、桜やウサギの柄が入ったものも

 

これからどんどん増えていく
和雑貨たちにも注目

パワースポット巡りがブームの昨今、神社やお寺を参拝し、御朱印(ごしゅいん)を集める女性が急増中ですが、そんな御朱印レディのお眼鏡にかないそうな、美濃和紙でできたかわいい御朱印帳もありました。同シリーズの「のし袋」もあり、柔らかい色調と和モダンなデザインが個性を発揮してくれそうです。

_53V6741
(右)「御朱印帳」(2160円)。ゴムを斜めにかければしっかり固定。片側で縦にかければ本のように開くことができるというスグレモノ (左)「のし袋」(702円)

「今後は、このような和雑貨のラインナップも増やしていきます」と、野中さん。とても楽しみです♪ 外国からの観光客も多いとのことですが、確かに日本のお土産にも喜ばれそうですね。ご紹介したアイテム以外にも、たとえば念珠ポーチを通帳ケースやお薬入れとして使うなど、伝統的なアイテムもアイデア次第でさまざま使い道があります。先入観を捨てて新しいドアを開けたら、ちょっと世界が広がった。そんな気分になれる寄り道でした。

 

_53V6878

 

うめたに
【住所】博多リバレインセンタービル1F
【電話番号】092-271-0456
【営業時間】9:30~18:30
【定休日】なし(年末年始は除く)
http://www.umetani-jp.com

 

 

1アイテムで雰囲気を変える
印象的なインテリアコレクション

次に立ち寄ったのは、気分転換の模様替えにうってつけのインテリアショップ「Està Loco(エスタ ロコ)」。ギャラリーのように広々した空間には、メキシコからの家具や織物・小物を中心に、アクセサリーやファッション雑貨などがひしめいています。どれもオリジナリティに溢れ、ひと目で記憶に残りそうな“主役級”のものばかり。だから、アイテムをひとつ部屋に取り入れるだけで、簡単に雰囲気を変えることができそうです。

_53V6785

 

特に力を注いでいるというのが、もともとヨーロッパの文化として発展してきたという「ロートアイアン」の家具。「ロート」とは"加工した""鍛えた""細工した"という意味だそうで、手仕事によって鉄を造形していく伝統的なクラフト家具なのです。アイアン独特の質感がアンティークな雰囲気を演出してくれ、また適度な重みも重厚感として存在感大! 性別・年齢問わず、誰の部屋にもマッチするから選びやすく、そして長く大切に使うことができそうですね。

_53V6874
壁に取り付けることができるロートアイアンのランプシェード(14000円~)。模様の隙間から漏れる光が幻想的
_53V6807
スタンドランプやテーブルなど、さまざまな家具に変化するロートアイアン

 

存在感を放つ小物で
気分をプチリニューアル

家具を買い替えるのが難しいなら、小物で模様替え、という手もアリ。目にとまったのは、色もフォルムも個性的なマグカップ。実は表面のこの色、緑青(ろくしょう)という銅の錆びなのです。錆びと言っても、衛生的には無害で、内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力があるそう。ちなみに、鎌倉の大仏やアメリカの自由の女神も緑青で覆われているのだとか。使ってヨシ、飾ってヨシの素敵アイテムです。

_53V6832
「緑青マグカップ」(7500円~)

そしてもうひとつは、手織りのタペストリー。日本人の発想にはない、太陽の光を連想させる鮮やかなカラーにテンションアップ! テーブルや壁に1枚掛けるだけで、室内を明るく開放的にしてくれそうです。

_53V6823のコピー
様々な色や柄が揃っているので、自分好みの1枚を発掘してみて!

 

このほか、色鮮やかな器やフラワーベースなどのガラス製品もたくさんあり、まさに掘り出し物の宝庫! 商品は不定期に入荷するそうですが、1点ものも多いので気になる方はこまめにチェックを。Facebookでも情報を発信しています!

Està Loco(エスタ ロコ)
【住所】博多リバレインセンタービル1F
【電話番号】092-263-0975
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】不定
https://www.facebook.com/pg/Esta-Locoエスタ-ロコ海外直輸入インテリアショップ-1939001963041350

 

これまでなかなか訪れるきっかけのなかった専門店の散策、予想以上の収穫にニンマリです。心惹かれるモノとの偶然の出逢いって、ルーティンな日常から一歩踏み出したところに待っているものですね。新発見&深発見、ぜひみなさんもトライしてみてください!